DIORAMA

【1/12ジオラマ作ってみた】仮面ライダーディケイド用ディスプレイジオラマ

こんにちは、Sion(@figureandon)です。
今回は、簡単なフィギュアディスプレイ用ジオラマを紹介します。

※2020年1月に完成していたので、1年半前越しの投稿となります笑

仮面ライダーディケイドのオーロラカーテン

ということで、今回のテーマはS.H.Figuarts仮面ライダーディケイド用のディスプレイジオラマです!
劇中でも特徴的な、”世界の壁を越える”オーロラカーテンから現れるシーンをイメージして製作しました。

早速、完成写真からどうぞ。

直径19cmの簡単なジオラマではありますが、オーロラカーテンを模した表現を入れることで劇中の雰囲気が出てるかな、と思います。

撮影用の背景を外すとこんな感じ。
瓦礫のベースとオーロラカーテンのみの非常にシンプルな構成です。

製作過程

今回、ジオラマの土台としては100均のコルク製鍋敷きを使用しています。
鍋敷きの上に、適当な形にカットした3mmカラーボードを配置。

モデリングペースト(ライトがおススメ)を盛り付けて地面を慣らし、スタイロフォームやカラーボードを岩・瓦礫っぽく切り出したものを配置。
あと、ジオラマ用の砂利素材や100均(セリア)で買ったコンクリートブロックのミニチュアも使用しています。

(写真は撮り忘れてますが)ブラックジェッソで下地塗装した後、塗装。
瓦礫部分は、いつも通りアクリジョンの「エアクラウトグレー」と「つや消しホワイト」を使用。
また、土部分はタミヤの情景テクスチャーペイントを使用しています。

このあたりは以前作った『遺跡』ジオラマと全く同じやり方ですね。

【1/12ジオラマ作ってみた】遺跡 こんにちは、Sion(@figureandon)です。去る11月12日に東京の浅草で開催されたAKガーデン13に行って来ました。AKガ...

エアクラフトグレー+つや消しホワイト+Mr.ウェザリングカラーは、お手軽に岩・瓦礫表現が出来る最高の組み合わせだと思ってます。

こちらが今回のジオラマのパーツ構成。
オーロラカーテンは、100均で購入したプラ下敷きを塗装しただけの超お手軽なものです笑

飾り付け用の大き目の瓦礫を配置するとこんな感じ。
足元だけだと寂しいので、空間の余白を埋める役目ですね。

沢山の共有ありがとうございます!

仮面ライダーディケイド用のディスプレイジオラマいかがでしたでしょうか。
ベースの直径19cmのお手軽サイズなので、机や本棚に置いて飾れて、最近だと在宅ワークの癒しにもなるかも。

いつもSNSでの共有もありがとうございます!
以上、仮面ライダーディケイド用ディスプレイジオラマでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。